シックハウス症候群のない家づくり

毎日普通に生活しているだけで体に悪影響がある、それがシックハウス症候群です。
シックハウス症候群というのは建物の壁や床などの塗料や建材などに使われている成分に含まれるホルムアルデヒド等の化学物質が原因でおこります。
ホルムアルデヒド等が含まれた建材の使われている部屋で生活をしていることで、
空気中に放出されたホルムアルデヒド等を毎日の生活で体に取り込んでしまい、
倦怠感、めまい、湿疹、頭痛など様々な悪影響が体に起こります。
特に新築の家などにこのシックハウス症候群が起こることが多く、
これから家を建てようと言う方は注意が必要です。
これから家を建てる場合やリフォームをしようとお考えの方は
あまり施工会社などに任せっきりにならずに
建築やリフォームに使われる建材にホルムアルデヒド等の化学物質が含まれていないかどうかを確認することをオススメします。
壁材に珪藻土を使ったり、床材に無垢材を使うなど自然素材を使った家づくりなら安心ですね。

Comments are closed.